減っていくマニュアル車、増えていくオートマ限定免許!

車好きの父の影響なのか、物心ついた時から車を運転したいという憧れがあった私は18歳になるとすぐに免許を取りました。私の親世代で免許を持っている人は必然的にマニュアルもオートマも運転できますが、私の時代はオートマ限定免許が出て自動車教習所の時点でどちらか選べるようになっていました。

女性の7割程が既にオートマ限定で免許を取る中、車好きの私は当たり前のようにマニュアルを選びました。特に気にもせずに教習所に通いましたが、周りからは今時女の子で珍しいねと言われ、ある時などは教官から「何で女の子なのにマニュアルなの?」と何故か怒り気味で聞かれた事もあります。「古い車が好きなのと、軽トラなども運転したいからです。」と答えると「それならいいけど。」と納得した様子。オートマ限定より高いお金を払って教習に来ているのに、こんな質問をされたり珍しがられるとは、とビックリしたのを覚えています。昔はマニュアル車の方が安くで買えたそうですが、今は教習料も車もマニュアル車の方が高くなっています。軽自動車などメーカーによってはオートマしか作ってないところもあり選択肢が減っています。

マニュアルかオートマかに限らず車に対する見方も時代と共に変わっているようで父や私は免許を取る前から乗りたい車が決まっていて車の為に免許を取るという感じでしたが、最近の人達いわく車は交通手段のひとつだったり、就職の際に資格欄を埋めるために免許を取るだけだと言うのをよく聞きます。乗りたい車も特に無いし、車を維持するのも面倒だとのこと。車好きとしては少し残念な風潮です。

私の乗っている車の紹介

私の乗っている車はスズキのエスクード(エスクード2.4)です。
主に長距離移動に余裕があり、そこそこ背が高くて4駆の車が欲しくて購入しました。
一応、最近、流行りつつあるSUVに分別されます。
スズキが販売する車種でかなり昔からあるモデルで信頼性もそこそこあります。

ただ、うちで購入した当初、まれにエンジンが始動しづらい時がありましたが、販売店に相談して改善してもらいました。スズキといえば軽自動車のメーカーをイメージしますがうちのエスクードは排気量が2400ccで現在のキザシが出るまでフラッグシップモデルでした。そしてこの車の特徴はオフロード走行を念頭に設計されているため、通常の乗用車がエンジン横置き、モノコックボディなのに対しエスクードはエンジン縦置き、ビルドインラダーフレームを採用しています。また直結式の4WDシステムを採用しています。国内で現在販売されている同クラスのSUVでこれだけのオフロード向けの装備を搭載しているモデルはないでしょう。また価格面でもオートクルーズ、オートライト、HIDライト、シートヒーター、ミラーヒータなどを標準装備して200万円台前半の価格はかなり安い方ではないでしょうか。では実際の走行性能はどうなのでしょうか。

エンジ置きやラダーフレームの関係か、アスファルトの上でのコーナーは安定している方だと思います。メーターは220キロまでありますがノーマルではそんなに出そうにありませんし、排気量はありますが特別速くはないです。真冬の雪道では少し車高が高いので走りやすいですが、やはりハンドルを取られたりします。そういった安定感ではランドクルーザーやパジェロなどの方が安定していて影響が少ないように感じます。ですがエスクードは車重が軽い分、発進、停止、コーナーなどが軽快でとりまわしが楽です。
また、泥っぽい坂道を登ることがあるのですが、やはりタイヤが滑って登らないです。色々な装備が付いていても、タイヤがノーマルタイヤでは真価を発揮できないようです。オフロードを走る人はタイヤの性能向上を検討することをおすすめします。

長距離を移動するには作りががっしりしていて運転が楽なので良いと思います。ちなみに長距離走行をすると満タン法でカタログ燃費のリッター9キロ台を超えて10キロ台以上で走る事があります。

燃費の良い車に買い替えました

今までホンダの大型のミニバンのステップワゴンに乗っていましたが、リッター5~6キロしか走らないので燃費が悪くガソリン代が多くかかっていました。そのため生活が少し苦しくなってきたので車を買い替える事にしました。

最近ではコンパクトカーが人気という事で友人からはトヨタのプリウスを勧められました。それでトヨタのディーラーに行ってプリウスの事をいろいろ聞いてきたらプリウスは人気があって現在購入の契約をしても納車まで半年かかってしまうという事でした。さすがに半年も待てないのでプリウスは諦める事にしました。それで今まで乗っていたステップワゴンのメーカーのホンダのディーラーに行って燃費の良い車を購入したいと相談したら軽自動車のN-BOXを勧められました。

数日後もう一度ホンダのディーラーに行ってN-BOXを試乗しました。N-BOXはトールワゴン型の軽自動車なので普通の軽自動車より車内空間が広く感じました。そのためあまり軽自動車という印象を受けませんでした。またシートの感覚も取られていて乗り心地も良かったので結構気に入ってしまいました。

N-BOXは軽自動車という事もあって普通の車より値段が安くしかも燃費も良いみたいなのでN-BOXを購入する事に決めて契約してきました。

納車までそれほど時間がかからなかったので車はすぐ手元に来ました。それで運転してみると前も見やすくてしかも小回りが利くので狭い道路でも苦になく運転出来ました。また駐車場にも入れやすいのでいい車を購入出来て良かったと思いました。

車の魅力について話します

車を購入するまでの流れは、まず免許を取ることが必須になります。最近ではこの免許を取ることが面倒と思う若者が増えており、車の購入する人が減っていると聞きます。なので、車の魅力を私なり伝えたいと思います。車の魅力は大きく分けて2つです。

1つ目は便利なことです。車を持っている人の大半が、便利ということで購入していると思います。人を乗せることができ、大量に買い物をしても詰め込むことができるので、とても便利なのです。実際に私も車を持っていますが、物を沢山乗せることが出来るので、趣味の道具を常に乗せています。その趣味は釣りなのですが、車がなく、自分で持って動くとなるとかなりの量となります。しかし車のおかげで楽に移動することができます。なのでこのように、多くの物を利用する趣味をお持ちの方には是非おすすめです。

2つ目は、移動が簡単なことです。公共交通機関を利用すれば問題と思う方がいると思います。しかし、その場合は時間や場所を限定されると思います。例えば目的地が最寄りの駅から徒歩30分などがありますが、無駄に時間を使っていると思いませんか?車なら直接その目的地に向かうことが出来ますし、出発時間を調整するともできます。きっと電車に乗り遅れるという経験をされた方は多いと思います。車があればそのようなことはありません。これから車を購入しようと思う方は是非購入して下さい。この2つ以外にも沢山の魅力がありますので購入した後に探してみて下さい。

軽自動車メーカーの凄さと体感した

現在40歳の男性会社員ですが、最近さすがは軽自動車を専門に扱ってるだけあるなあと感嘆したことがあります。
ただ、あくまで私が感じたことなので参考程度に受け取ってください。

私は今ダイハツのムーブに乗っていますが、その前はホンダのライフ、その前はスズキのワゴンRに乗っていました。
ワゴンRは当時の流行に乗って購入したってだけで、それが私の人生初の軽自動車でした。
なのでワゴンRが軽自動車として燃費が良いのか悪いのか、運転しやすいか否かっていう判断を下せずにいたんです。
それまで乗っていたののは3Lツインターボのスポーツカー(ソアラやフェアレディZ)だったので運動性能は段違いですし比較するだけ無意味だと感じていました。

ワゴンRに乗ってる時は軽自動車ってこんなものだろうって思ったましたし、ライフに買い換える時も同じ軽自動車でワゴンタイプの車ならどうせ同じだろうと思ってました。
しかし同じ軽自動車でも微妙に違うもんなんです。
まず燃費でいうとワゴンR15km/L、ライフ11km/L、4km/L差と言えば少なそうに感じるでしょうが燃費が2~3割落ちてるわけです。
ワゴンRの時は週1のガソリン給油で問題なかったのにライフは一週間持たない、ガソリン代が一ヶ月12000円ぐらいだったのが16000円ぐらいになりました。
給油する回数が増えて手間と感じますし、ガソリン代もあがってるので同じ軽自動車でも違いがあるんだなと感じました。
さすがワゴンRの人気は伊達じゃないって感じたわけです。

そして今年のGW付近にライフの調子が悪くなり、ダイハツのムーブに買い換えました。
これは中古車での購入なので、ライフと同じ年式です。なのでライフと比較はしやすかったわけです。
ライフの燃費は11km/Lでしたが、ムーブは16km/Lと断然燃費がいいんです。同じワゴンタイプの車で年式も同じなのですからゴマカシは利きません。
ムーブとワゴンRでも若干差はありますが、この辺りはムーブの方が新しい年式ってことを考慮するとトントンぐらいだと判断しました。
運転していてもライフより明らかに加速がスムーズです。カーブを曲がる時のGのかかり方やバランスの悪さは同じようなものですが、燃費にこれだけ差があるとやはりムーブは凄い、いえワゴンRも考えるとスズキとダイハツは軽自動車専門に販売・開発してるだけあって技術力が高いんだなあと感じました。